知人と井之頭病院を通る度に思う事。

コンピューターで数値を幾ら頑張っても、解決出来ないもので人の病気があります。
問題とする対象がもともと違う分野といえるのですが、
病気で亡くなってしまう知人がいたりすると、
無理とわかっていてもコンピューターの数値でどうにかできればといいのに思ってしまいます。
近所に井之頭病院があって、毎日同じ時間に通ると入院している方を、
なんとなく顔を覚えてしまう事があります。
そういうときもこんな考えがよぎるんですよね。
今やっていることがそういう分野にもいつか繋がるといいと思います。

Leave your comment






(*)mandatory fields.

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報